2012年,2013年

2012年,いろいろと飛躍のシーズンになった. 2013年,もっと飛躍したい.

メモ:Learning from the past:Answering New Questions with Past Answers(WWW2012)

http://www2012.wwwconference.org/proceedings/proceedings/p759.pdf CQA(今回はYahoo!answers)サイトにおいて,見回答の質問を,過去の解決済みの質問を再利用することで減少させることを試みる.ベストアンサーを提供した人間と同程度のクオリティを実現…

ちょっとメモ:Community QA Question Classification :Is the Asker Looking for Subjective Answers or Not? (ToD2011)

http://research.microsoft.com/en-us/people/tesakai/ipsj-tod0402002.pdf 自分が参加したWebDB Forum2010での論文賞論文の一つ.当時は発表を聞いても何もわからなかったので読んでみた. Yahoo!知恵袋や教えてGooのようなCQAサイトにおいて,”主観的”な回…

NETECO2日目

朝は@talerabelさんの発表に間に合うように移動.発表を聞く.内容的には自分もやってきたような内容が含まれていて,発表後も二人で話していたけどだいたい同じような問題にぶつかったりしていた. モデルを作るときに,複雑にすればするほど表現可能は範囲…

発表してきた.ネットワーク生態学シンポジウム

沖縄国際大学で開催されたネットワーク生態学シンポジウムで発表してきました. 情報拡散の特徴に小応じたユーザの特徴分析となっています.当初はRetweetをねっとわーくにながしていろいろやりたかったものの,欠損があったりして今くいかないのでこんなア…

ざっくりメモ:Correcting for Missing Data in Information Cascades(WSDM11)

http://cs.stanford.edu/people/jure/pubs/cascades-wsdm11.pdf 情報拡散に関する研究 ネットワークがあるとき,そのネットワークを通じて情報が拡散する.(a)の図は,情報が流れる可能性のあるネットワーク(Twitterのフォロー関係とは逆向きになる) (b),(c…

読んだ:Microscopic Evolution of Social Networks(KDD08)

http://www.cs.cornell.edu/~lars/kdd08.pdf ソーシャルネットワークの成長モデル作成のための分析とモデル化,評価. 着目した事象として ・新ノード生成間隔 ・ノードの寿命 ・エッジ生成ギャップ ・三角形のサブグラフ≒Connected Nearest Neighbor 各々の…

ファイル操作で少し困ったこと

C++

備忘録 ファイル読み込むときに" >> "を使うと >|c| void readUser(char *fn1){ ifstream fin; string str,s; int u,i; fin.open(fn1); while(!fin.eof()){ fin >> u >> s; VecU.push_back(s); } } for(i=0;i<VecU.size();i++){ cout << VecU[i] << endl; } } ||< みたいになって >|| 1 a 2 b 3 c ||< みたいなデータに対して出力</vecu.size();i++){>…

雑記

今日は大きな地震が起きた. 今回もデマが現れた.情報の発信を食い止めるのは難しい. ソーシャルメディア上のユーザ全員が学習することはないので,やっぱりコンピュータに学習させて汚染最小化問題の形で処理していかないといけないと思った.

修論

辛い感じになっている

ざっと:People Are Strange When You’re a Stranger:Impact and Influence of Bots on Social Networks(ICWSM2012)

全体的に自信がないし,あまり理解できてない ○概要 BotはSpamerだったり有害なイメージがあるかもしれないけど,みんなBotがコミュニティやユーザのふるまいをコントロールするための潜在力を持っていることを知らない. そこで,プロフィールも,信頼も,…

発表してきた.@WeBDB 2012

11月20,21日と開催されたWebDBforumで「デンドログラムを用いた震災時におけるMention・Hashtagツイートの利用傾向分析」と題して発表してきました. Webdbf2012 from Akihiro Koide 内容としては,東日本大震災前後でのTwitterの利用傾向を分析するという…

読んでみたい論文リスト@ICDM2012

来月に行われるICDMのプログラムが公開されているのでメモ. ・Profit Maximization over Social Networks ・Diffusion of Information in Social Networks: Is It All Local? ・Clash of the Contagions: Cooperation and Competition in Information Diffu…

ようやく…

学部3年から研究室に配属されて,ようやく論文誌に論文を投稿することができました. 日本データベース学会論文誌「コリンク構造に着目した多重グラフの特性分析」 論文を見てみたら図が真っ黒になってるんだが… 今回の論文はソーシャルコンピューティングシ…

読んだ:Community Gravity: Measuring Bidirectional Effects by Trust and Rating on Online Social Networks(WWW09)

http://www.cse.cuhk.edu.hk/irwin.king/_media/presentations/community_gravity_measuring_bidirectional_effects.pdf 概要 オンラインコミュニティサイト上でのユーザ(購買者)のふるまいを理解するために,ユーザの相互の関係は重要な側面となる.本稿…

読んでみた…:eTrust: Understanding Trust Evolution in an Online World(KDD12)

ユーザ間の信頼性とその発展の視点はあまり見たことなかったので,完全にはわからないながらも(既存手法を知らないので)読んでみた.レビューサイトを使っているあたりもわかりやすいかなと思ったので… http://www.public.asu.edu/~jtang20/publication/tr…

東日本大震災ビックデータワークショップに参加してきた

昨日10/28日に東日本大震災ビックデータワークショップに参加してきました. Project311Comp from Akihiro Koide 震災時に役立ったメディアの一つとしてあげられているTwitterですが,その中でいったい何が起こっていたのか,ユーザはどのようにTwitterを使…

東日本大震災ビックデータワークショップメモ:後半

こちらも殴り書きですが… 後半は,特に今回のワークショップを行うに当たって,データを提供してくださった企業の方々のお話と,今回のワークショップが将来的に何の役に立つか(簡単に言えば)という話. いろいろとお話を聞いていく中で,個人的には,やはり…

東日本大震災ビックデータワークショップメモ

殴り書きですが… Twitterデータのタスク,可視化のタスクが多い さらに,デマ関係や首都圏の帰宅関係が多い ☆Twitterデータの利用 ・Twitterデータの意味的解析イソジンのがん予防‐デマツイートに対する反応のツイートと抽出して解析ツイートのバースト検出…

流し読み:The Dynamics of Viral Marketing(EC’06),#bias: Measuring the Tweeting Behavior of Propagandists

The Dynamics of Viral Marketing(EC’06) 400万ユーザと1600万のリコメンドと50万の製品から成るリコメンドネットワークを分析する.単純な確率モデルでの説明の為,リコメンドの伝搬とカスケードサイズを観測する.リコメンドネットワークで定義されるコミ…

FIT2012で発表してきました

本日9月5日 「Mentionツイートからのバースト期間の抽出」 と題して発表してきました. 手法としては,あるトピック(ここでは,たくさんMentionされたユーザとハッシュタグを仮定)に対するツイートの投稿時刻を利用します. このツイートの投稿間隔が指数分…

ざっと読んだ:measuring user influence in twitter the million follower fallacy ICWSM10

http://snap.stanford.edu/class/cs224w-readings/cha10influence.pdf あらまし ソーシャルメディア上の有向リンクは,親密な友人関係から共通の興味,もしくは緊急ニュースに対する熱狂,有名人の噂話まで全てを表現する.各々のリンクは情報の流れを決定し…

雑記

わざわざ携帯を変えるために1泊2日の帰省. 電車に乗る前に飲み物を買いたかったけど,すぐに来てしまったのでそのまま乗車. 帰省ラッシュで電車が込み合っていたが,片道1時間のうち,30分くらいは座っていられた. そのうち目の前にご老人がやってきたの…

書くことない時は

水槽の写真でも載せるか

読んだ本・読む本

読んだ本 三毛猫ホームズの犯罪学講座 (角川文庫)作者: 赤川次郎出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1997/05メディア: 文庫この商品を含むブログを見る (徳間文庫)" title="夫は泥棒、妻は刑事 1 盗みは人のためならず (徳間文庫)">夫は泥棒、妻は刑事 1 盗…

読んでみた:Magnet Community Identification on Social Networks

http://www.cs.uic.edu/~yzhao/research/papers/rt145-wang.pdf あらまし ソーシャルコミュニティは,似たような興味を持つ人々を互いにつなぎ,ソーシャルネットワークアプリケーションで重要な役割を果たす.これらのコミュニティの例として,Fecebook上で…

概要だけ:Discovering Value from Community Activity on Focused Question Answering Sites: A Case Study of Stack Overflow(KDD2012)

全然読めてないのでほかの方のエントリーを待ちたいところ. http://www.cs.cornell.edu/home/kleinber/kdd12-qa.pdf あらまし QAサイトは今や知識の宝庫である.ほとんどのQAサイトは,当初は質問者に価値のある回答を提供することに狙いを付けたが,幅広い…

よんだ:Event-based Social Networks: Linking the Online and Offline Social Worlds(KDD2012)

http://lsnaworkshop.netii.net/ebsn/ebsn.pdf あらまし MeetupやPlancastのようなイベントベースの新たに出現したオンラインソーシャルサービスは,高い評判を受け,急激に成長してきた.これらのサービスから,新たなソーシャルネットワーク~イベントベー…

読んだ:Information Credibility on Twitter(WWW2011)

http://www.ra.ethz.ch/cdstore/www2011/proceedings/p675.pdf あらまし 人気のあるマイクロブログサービスであるTwitterと通じて伝播するニュースの信頼性について分析する.既存研究により,Twitterで投稿されたほとんどのメッセージは真実であったが,こ…

読んだ:Everyone's an Influencer:Quantifying Influence on Twitter(WSDM2011)

あらまし 本稿では,2009年の2カ月の間でFollowネットワーク上で起きた7400万の拡散した出来事を追跡することによって,160万のTwitterユーザの属性と相対的な影響を調査する.驚くべきことではないが,巨大なカスケードは過去に影響を持った,フォロワー数…

読んだ:Analyzing Patterns of Information Cascades based on User's Influence and Posting Behaviors(TempWeb12)

http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/top/modules/newdb/detail.php?id=1167 あらまし 昨今人々はTwitterやFacebookのようなソーシャルネットワークサイト上で有益な情報を共有することができる.情報は友人から友人へ繰り返し送られる,またはコピーされると…

第3回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(SoC2012)で発表しました

6月23日,第3回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(http://www.dbsj.org/event/soc2012.html)で「 コリンク構造に着目した多重グラフの分析法 」と題して発表してきました. 個人的にポスター発表は初めてで,心配になる部分も多々ありましたが何と…

読んでみた:The Role of Social Networks in Information Diffusion(WWW2012)

http://www2012.wwwconference.org/proceedings/proceedings/p519.pdf http://socialmediaexperience.jp/4952 正直ここのサイトを見ればすぐにわかる あらまし オンライン上のソーシャルネットワーク技術は個人に対して数人の仲間とともに情報を共有すること…

読んだ:comparing information diffusion structure in weblogs and microblogs(ICWSM2010)

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=0CFgQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.aaai.org%2Focs%2Findex.php%2FICWSM%2FICWSM10%2Fpaper%2Fdownload%2F1467%2F1897&ei=ES_hT82GEIjcmAW5oKGhDQ&usg=AFQjCNG38MRaRTyrX51FU3MBzieKB3m…

さらっと読んだ:Who Says What to Whom on Twitter(WWW2011)

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ved=0CFkQFjAB&url=http%3A%2F%2Fwww.research.yahoo.net%2Ffiles%2Ftwitter-flow.pdf&ei=cijcT_vOPI-zrAfW3si1DQ&usg=AFQjCNE33B3qFFuLD2y2LsBDDfwc3zjJTA&sig2=EAMq4LvqWz0ufvWMyjCqwA:…

JSAI2012に参加してきました

6月12−15に開催されたJSAI2012に参加してきました.僕自身は15日のWebマイニングセッションで「4C1-R-6-4 ネットワーク粗視化による情報拡散過程の可視化法」と題して発表しました. https://kaigi.org/jsai/webprogram/2012/paper-219.html内容は,数百・数…

ざっと読んだ:Self-similarity of Complex Networks(Nature05)

http://polymer.bu.edu/hes/articles/shm05nat.pdf:こちらからあらまし複雑ネットワークは,WWWやインターネット,工学エネルギー地形,生物学やソーシャルのネットワークのような多くの現実の組織の関連のため,広く研究されてきた.多くの現実のネットワー…

読んだ:A Gap in the Community-size Distribution of a Large-scale Social Networking Site

http://arxiv.org/pdf/physics/0701168.pdf:こちらからあらまし近年SNSは世界中の何百万人のユーザに利用されている.SNSは,インターネット上の社会であり,そこで人々は互いに交流し,友人関係を育成する.我々は全国的なSNS(現在六百万ユーザ以上)を調…

読んだ:Measuring Message Propagation and Social Influence on Twitter.com(SocInfo10)

http://dsl.cs.ucdavis.edu/lab_website/papers/ye_socinfo_10.pdfあらましオンラインソーシャルネットワーク(以下OSNs)の拡張した研究は行われてきたが,情報拡散と社会影響という,重要だが十分に定義されていない2つのタイプのソーシャルな振る舞いを特…

ざっと読んだ:Hierarchical structure in financial markets

興味のあるかたはここからhttp://ocs.unipa.it/Site/Selected_Publications_files/Epjb_11.pdf:Hierarchical structure in financial markets 株価には興味がないのであらましと分析手法だけ・株価を利用して株取引の階層構造を発見した ・階層構造を作るた…

minimum spanning treeを作る

C++

久しぶりの技術ブログ今回minimum spanning treeを作る目的 ・対象ノードの関係をみる ・グラフをスパースにして視覚的に見やすくする!・minimum spanning treeとは グラフにリンクと距離が与えられたとき,重みの総和が最小になるように辺を選んで作った全…

論文がうまく書けないと感じるのは

大学院に入ってから論文がうまく書けなくなったなぁと思っていた.でもよく考えると,学部の時はつらい部分を先生にかなり手伝ってもらっていただけで,決してかけていたわけではなかった.今は(当たり前と言われればそれまでだけど)少なくとも初稿の段階…

京都奈良旅行に行ってきました〜3日目〜

3日目は奈良を歩く・興福寺・精沢池 ・春日大社 山がある.登らずにはいられない・・・・若草山 このあたりで本格的に足が限界に・東大寺 まだ4時くらいだったけど,足も限界だったし,歩きではこれ以上見どころもなさそうなので高の原へ移動以前から@teen…

京都奈良旅行に行ってきました〜2日目〜

2日目は銀閣寺周辺を実は金閣も銀閣も初めてでした.・哲学の道 ・銀閣寺 銀閣自体よりも周りの風景がいい・法然院・安楽寺 ・昼飯 ・禅林寺(?) ・南禅寺 ・平安神宮 ここで今年大厄だということに気づき,お守り購入.奈良に移動し,新大宮のホテルへ.…

京都奈良に旅行に行ってきました~1日目~

以前から行こうと思っていた京都奈良旅行に行ってきた.修学旅行で過去2回行ったことがあるけど,その時は正直つまらないなぁと思っていたし,楽しい記憶が余りなかったけど,今行ったら風情とか感じられるかなぁと思い出かけることにした. 今回の旅のコン…

ぺヤング赤いの食った

味がどうこうというより味の感覚なくなるので,食べることに意味がない.

WSDM2012読み会に行ってきました

昨日@y_benjoさん企画のWSDM読み会に行ってきました。こういう会はほぼ初参加みたいな感じだったけど、個人的にはすごくいい機会だったと思う。わざわざ論文読み会の為に東京出るくらいなら自分で読めハゲと言われそうだけど、自分で読める本数なんてたかが…

2012年度始まった

M2になりました.今年度も頑張ります.2011年度1月はこんなこと言ってた当初の目標 達成できたこともあればできなかったこともあった.−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○1.就職します。論文出します。 ×2.TOEIC頑張る(具体的には730点を目標に…無…

情報処理学会で発表してきました

3月8日、「Twitterの@messageで構成される成長ネットワークの分析」と題して発表しました。複雑ネットワークの評価手法としてスモールワールド、スケールフリー、クラスタ性、各種中心性などの静的なネットワークに対して利用されてきた指標がありますが、今…

Exploring Social In&#64258;uence via Posterior Effect of Word-of-Mouth Recommendations(WSDM2012)読んでみた…

アブスト 口コミは商品を促進させる効率的な戦略として示されてきた。既存研究では、口コミ推薦が、ユーザの事前確率(期待?)を押し上げ、それゆえ本を買ったり、映画を見たりする際に、信頼できる新しいものを採用することを推奨することを証明してきた。…